読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kobo Aura Oneを使ってみて

そもそもkobo aura ONEとは

電子ペーパー搭載の電子書籍リーダー

電子ペーパーとは

電子ペーパーっていうのは台湾のE-ink社が開発しているディスプレイ。

本物のような紙の質感の上、通常のディスプレイではありえないくらいの消費電力の少なさが特徴。平気で1か月とか持ったりする。

最近ではリモコンとか時計とかデジタルサイネージなどにも応用されている。

対抗馬はキンドル

電子書籍端末としてライバルとなるのは amazonkindle だと思う。

正直 kindle の足元にも及ばない感は出てるけど。

楽天から販売されている

端末自体は楽天の傘下にあるカナダのコボ社が作っている。

なので電子書籍を買う際のストアは楽天のストアとなっている。

どうして買ったのか

自分でスキャンした書籍を読むため

電子書籍のストアにない商品を読む

電子書籍のスターは結構品揃えが悪い。というのも昔の本は当然販売されてないし、書籍のジャンルによっては新刊でもあんまり電子化されているとは言えない。本を何冊も持ち歩くのはかさばるから自分が読みたい本が電子書籍ストアになかった場合自分でスキャンして pdf にして持ち歩くしかない。

液晶だと目が疲れる

pdf の電子書籍を読む媒体としてはスマートフォンタブレットなどが挙げられるけどいずれにしても液晶で長時間使っていると目が疲れる。紙のような質感で目が疲れないことを売りにしている電子ペーパーを使った電子書籍端末は pdf で作成した電子書籍を読むのにはぴったりなんだ…

電子書籍ストアで買うとその会社の端末でしかつかないのが不便

後仮に電子書籍ストアに読みたい本があったとしても買わない場合も多い。なんでかって言うと例えばアマゾンで買ったとしたら kindle でしか読めないし楽天のサイトで買ったとしたらコボでしか読むことができない。購入した書籍は amazon楽天かる読む権利を得ているというだけで自分が所有したことにはなっていないのだ。

上新電機とかで買うといい

コボは楽天のサイトからも買えるけど他の家電のサイトから買った方が結構良いことがある。自分は上新電機で買った。

ポイントつく

楽天のストアで買うとみみっちいポイントしかつかないけど、上新電機でかったら2万円ぐらいの端末だったけど2000分ぐらいのポイントがついた。

保証も付けられる

元々1年間のメーカー保証があるけど長く使いたい人は長期延長保証をつけることもできる。上新電機ならできた。自分は1年以上使う予定がないからつけなかったけどなんでかって言うとアマゾンがコボに対抗して大画面の kindle を今年中に出してくれるんじゃないかっていう淡い期待を抱いているから。

 

いいとこ

・画面がでかい

コボの最大の取り柄と言ってもいいのは7.8インチの大画面。今までの電子書籍リーダーには絶対ない画面の大きさ。自分は自炊した電子書籍を読むために電子書籍リーダーを使ってたから今までの6インチじゃかなり小さすぎた。7.8インチやってやっと普通に読めるレベル。もっと大きくてもいい。画面が大きい電子書籍リーダーとして sony の DPT-S1があるけど、あれは高すぎる元々の販売価格が10万円だったけど、今は販売が中止されていて中古でも15万ぐらい。値段が爆上がりしてる。

・軽い

この端末を持って最初に思ったのはかなり軽いということ。大画面の割に軽量だから余計軽く感じる。

・画面とベゼルの段差がない

最近楽天電子書籍端末は画面とヴェゼルの間に段差がないフラットデザインを採用していてそれがとてもいい。amazonkindle は画面とベゼルの間に段差があってそこが影になったりしてちょっと読みにくいしデザインも無骨な感じがする。

電子ペーパー

・Pocketは結構使える

 

悪いとこ

楽天のストアがごみ

・PDFに対するレスポンスが悪すぎる

・自動超光機能がうざい

 

本を電子化することのメリット・デメリット

本を電子化するとは?

・書籍を裁断してスキャン、PDF化する

・通称自炊と呼ばれる

・この行為自体賛否が分かれる

 

メリット

・省スペース

・持ち運びのしやすさ

・管理のしやすさ

・大きな画面で見られる

 

デメリット

・目が疲れる

 ・電子ペーパーは画面が小さいものばかり

・コストがかかる

・一部書籍は自炊できない

・時折読みにくさを感じる

大画面スマホ買うんだったら、通話機能付きタブレットを買ったほうがいいと思う。

最近5インチスマホが小さく感じ始めた

電子書籍読むとき

・ウェブブラウザも文字が小さくて疲れる 

 

6.5インチ以上の大画面スマホがほしい

・6インチなら選択肢は広がるけど6インチってそんな大きくない

 

しかし大画面スマホは割高

Xperia Ultra

・Zenfone

・Huawei

 

通話できるタブレットを買えばいいんじゃないか

・Media Pad T2 Pro

 

【次回】ポケットに収まらなくなる問題

スマートウォッチで解決しよう

通話ができるスマートウォッチを探す旅

 

lenovo YOGA BOOKが使いにくすぎて1か月で売り払った話 その2

年のお正月ごろにlenovo YOGA BOOK を購入しました。

超軽量・超薄型の未来的フォルムに惹かれて購入したわけですが、わずか1か月(も経っていない)後の1月後半に僕はこのパソコンを売り払ってしまいました…

今回はその経緯をご説明したいと思います。

 最初はよかった。所有する喜びがあった。

 

最初はかなり良かったです。よかったポイントはいくつかあるのですが、まず1番は受けが良かったことです。

今市場に出回っているノートパソコンのどれにも当てはまらない先進的なデザインがかなり人目を惹きました。とりわけ光るキーボードが受けがよく、「頭よさそーに見えるー」という雑な煽りから、「これがこれからのスタンダードになるのかなー」というアナリスト的発言までいろいろと頂戴しました。

 

 

lenovo YOGA BOOKが使いにくすぎて1か月で売り払った話 その1

ガジェット

つきほしょう今年のお正月ごろにlenovo YOGA BOOK を購入しました。

超軽量・超薄型の未来的フォルムに惹かれて購入したわけですが、わずか1か月(も経っていない)後の1月後半に僕はこのパソコンを売り払ってしまいました…

今回はその経緯をご説明したいと思います。

 

ノートパソコンがほしかったから購入した!!

以前はタブレットを使っていたのですが文書作成時やプログラミングの時などには、タブレットなんて役に立たない。なぜなら文字入力がてんでだめだから。ただでさえ狭いディスプレイにソフトウエアキーボードが表示された時の絶望感と言ったら…

 

最近レポート作成とかWindowsでしか動かないソフトを使うことが増えてきたので必要に駆られていた部分もあります。

 

自分がノートパソコンに求めていたもの

Windowsであること

・軽量であること

・見た目がかっこいいこと

・画質がいいこと

コスパがいいこと

欲張りすぎ???

プログラミングやるのにEclipse入れたいからWindows搭載であってほしいし、通学時間長いから軽量であってほしい。所有している快感を味わいたいから、見た目はかっこいいほうがいいし、画質もいいほうがいいよね!!FHDをご所望しちゃいます!!でもお金ないからコスパも大事だよ…

こういう要素を満たすパソコンってほぼほぼないよね…うん。わかってた。

まず、1㎏切っててFHDっていう時点で10万近くに跳ね上がる。いや…学生の身分で10万自腹切るのはつらいなーーー。

 

そこに現れた救世主YOGA BOOK

そんな僕の無理なお願いを聞いてくれたのがYOGA BOOKだったわけです。

Windows10搭載。わずか690gの超軽量機種であり、キーボードをタッチパネル化した超未来的デザイン。画質もFHDで、なんと価格は4万円台。神機だと思いました。まじで。しかも、手書き対応らしい。使い道は思いつかないけどある分にはいいか!!

ちなみに購入に際しては価格ドットコムで最安値のものを購入し…てません。

長期的に使うつもりだったので、長期保証付きで最安になるところを調べました。

5年保証込みで大体5万2000円ぐらいで買いました。アンチグレアフィルムも購入したので合計5万5000円ぐらいですかね。

 

届くまでが一番楽しかったかもしれない

注文してからはワクワク気分が止まらない。早く家に届くのを心待ちにしていました。

注文した2日後。家に帰るとそこには不在通知表が。

うちは不在時用のロッカーがあるのでそこに取りに行きました。

ちょっと武骨な段ボールを開けるとそこには…

え?こんな小さいん?っていうぐらいの外箱が。

YOGA BOOKの外箱は白を基調にしたかなりコンパクトでシンプルなデザインです。Appleっぽい。

中を開けるとそこにはYOGA BOOKが。

僕が購入したのは濃いグレーの機種。金属的にもかかわらずマッドな質感で非常にかっこいいです。もうこの時点でテンション爆上がりでした。

セッティングを済ませて、その日は寝落ちしました。

 

続く…